分析系CRMシステム「CRMstage」

CRMstage 特長

CRMstage 機能特長

データ統合から分析、セグメンテーション、施策連携までワンストップで実現
1.顧客データ一元化するデータ統合機能(ETL)
2.優れた顧客検索(横断検索)・顧客抽出機能
3.顧客の状況と購入状況(売上)の把握がいつでも可能な分析機能
4.顧客を自由な切り口でセグメント可能な顧客セグメンテーション機能
5.ビジネス課題を発見するOLAPによる詳細なデータ分析可能
6.Web-APIによるマーケティング施策連携機能
7.スマートフォン・タブレット端末対応

顧客データ一元化するデータ統合機能(ETL)
あらゆるデータと連携!これからはDBのあちこち参照やデータ収集作業不要!

CRMstageが提供するデータ統合機能(ETL)により、社内の他システムに格納している様々なCRM関連データの収集(データ統合)を簡便に行うことができます。
収集したデータはCRMstageの専用データウェアハウス(DWH)に取り込み集約されることで、常に顧客関連情報が一元化された状態となり、顧客戦略、マーケティング戦略のベースとなる統合顧客管理データベース(顧客データ活用システム)としての大きな役割を果たします。 また、小規模データから大規模データまで扱えるのが特長です。

これまで、他部門にデータ準備してもらったり、別のアプリケーションを立ち上げてデータマージしたりすることなく、シームレスにデータ参照・活用することが可能となるため、分析のためのデータ準備をすることなく、いつでも必要な時にすぐ顧客抽出や顧客分析を行うことが可能となります。

(データ統合例:購買履歴情報、ポイント利用履歴情報、ECデータ、POSデータ等)

CRMstageによるプライベートDMPソリューション

優れた顧客検索(横断検索)・顧客抽出機能
ターゲット顧客をいつでもすばやく簡単抽出!

CRMstage内にある全てのデータ項目をキーにして顧客検索することが可能です。顧客属性と購入店舗・購買履歴・マーケティング履歴などを掛け合わせた複雑な横断検索が、いつでも誰でも簡単に行うことができます。
横断検索により、仮説とする顧客はどのくらいいるのかを抽出してみたり、あるいはターゲット顧客を抽出したりすることができます。

顧客の状況と購入状況(売上)の把握がいつでも可能な分析機能
顧客はどのように動いたのか?様々な角度から顧客の動向を見極める!

RFM分析(購買履歴分析)、デシル分析、リピート率分析、顧客離反分析、商品分析、購買パターン分析等、様々な分析機能を標準装備しています。顧客セグメントと分析を組み合わせることで、様々な角度から顧客の動向を把握することができます。
・リピート率、離反率はどのくらいなのか?
・顧客はどのタイミングで離反してしまうのか?
・優良顧客層はどのような属性を持つ顧客が多いのか?
・A商品を購入した顧客はどのような顧客層なのか?
・1回目にA商品を購入した顧客は2回目何を購入しているのか?
・施策前後では各顧客ランクにいた顧客はどのように動いているのか? 等

CRMstageなら、"他システムからのデータ取り込み(予め設定)→取り込んだデータでCRM分析→分析結果表示"までの一連の作業をシームレスにしますので、専門知識を必要とせず、いつでも誰でも簡単にCRM分析を実行し、顧客の状況を把握することができます。
これまで多大な時間と手間がかかることで躊躇されていた顧客分析は、CRMstageにより作業プロセスを大幅にカットし、負荷なく顧客の状況を把握することが可能となります。

CRMstage分析機能一覧

顧客を自由な切り口でセグメント可能な顧客セグメンテーション機能
今注目している顧客をすぐにピックアップ!ターゲット顧客の状況を素早く把握!

顧客セグメントの条件を自由に定義し、作成・保存することができます。顧客セグメントを登録しておくことで、毎回条件設定することなく、セグメントごとの分析や抽出を簡単に行うことができます。
・顧客情報抽出
・売上、顧客数等の集計分析(シェア、時系列推移)
・指定した期間の顧客分析や推移のモニタリング 等

(顧客セグメンテーション例:単一な顧客属性、リード別、業界別、店舗別、購入状況別などのほか、「女性×30代×3ヶ月以内購入者」など、顧客基本情報と購買履歴情報などとの複数掛け合わせが可能)

ビジネス課題を発見するOLAPによる詳細なデータ分析可能
マーケティング課題が見えてくる!より戦略的に!

OLAPツール、CRM/マーケティング分析用ロジックテンプレートにより、格納しているCRM情報に対して、詳細なクロス集計を行うことができます。詳細分析により以下のような事に役立ちます。
・最適なセグメントの切り口の発見
・ビジネス課題の発見
・顧客の購買パターンの推定

BIツールとの連携によるOLAP分析

Web-APIによるマーケティング施策連携機能
顧客セグメントを自動出力し、マーケティング施策パターンを変化!

特定の条件に合致する対象顧客を、設定した抽出タイミング(毎日/毎月/曜日指定/日付指定)で自動的にCSV出力することが可能です。また、Web-API機能により、CRMstageで抽出した顧客リストや集計結果をWebインターフェースを介して、外部システムにデータ送信することが可能です。
これにより、例えば、特定の商品を購入した顧客や、商品の購入回数に応じてWeb会員のマイページに表示させるコンテンツを変化させたり、最新の優良顧客リストを自動出力してメール配信サービスに連携させたり等、顧客セグメントによって実行する施策パターンを変えることが可能となります。

最適なコミュニケーションによる再購入促進
スマートフォン・タブレット端末対応
スマートフォン・タブレット端末対応

スマートフォン・タブレット端末に対応していることにより、スピード性が求められるCRM活動がより便利になります。マーケティング本部のみならず、営業担当者や店舗スタッフ等の方々が、その場で顧客の購買履歴情報に基づく顧客サービス対応等、PCやネットワーク環境が整備されていない場所でもタブレット端末でCRMstageを便利に利用することが可能となります。


CRMstage 製品特長 【導入・運用面】

機能拡張できる柔軟性
将来的に機能拡張も可能!システム担当者も安心!

お客様自身で自由にカスタマイズや条件設定を行える環境を提供いたしますので、CRM戦略やマーケティング施策の効果に合わせて機能拡張していくことが可能です。

「低コスト」・「短納期」・「スモールスタート」導入可能
導入しやすい「低コスト」・「短納期」

CRMstageは、低コストで、システム導入時の運用開始までのリードタイムを短くして早期に立ち上げることが可能です。
CRMstageは、"顧客データ活用に必要な環境"を、予めCRM専用のDWH/BI製品としてパッケージ化しているため、新たに顧客データ活用環境(DWH/BI)を構築した場合と比較し大幅な時間とコストの削減が可能となります。( CRMとデータウェアハウス(DWH)

CRMstageは、高額コストとなるDWH/BI環境を予め提供できることで大幅なコストカットと早期運用化を実現。さらに分析機能を標準装備。
運用後も充実のサポート体制
充実サポートで導入後も安心

シンプル・直感的デザインのCRMstageは、ユーザに優しく、システム担当者のサポート負荷の少ないCRMシステムです。

また、システム面のみならずCRM活用を含め充実したサポート体制を整えておりますので、安心してご利用いただくことが可能です。


顧客の行動特性を把握し、施策パターンを自動的に変える!パーソナライズマーケティングを実現する統合環境。CRMstageプライベートDMPソリューション
  • CRMstageのカタログが欲しい、事例が見たい
  • CRMstageのデモを見たい、詳細を知りたい
  • 顧客に提案したい
お問い合わせフォームへ

↑ ページトップ