分析系CRMシステム「CRMstage」

CRMstage コンセプト

顧客データ(顧客の動き)を中心としたビジネスフローのためのCRM環境

顧客データ(顧客の動き)を中心としたビジネスフローには

顧客志向のビジネス形態には、顧客に関する様々なデータを一元管理し、顧客データ(顧客の動き)を中心とした活動サイクルを回すことが必要です。それには、部門ごとあるいは販売形態により分断されている、顧客の基本情報と購買履歴情報等の全てのコンタクト情報を一元化し、データ分析結果から戦略立案・実行・評価まで行える“CRM統合環境”が必要です。

顧客データ(顧客の動き)を中心としたビジネスフローのためのCRM環境
CRMにおける現状の問題点

【CRMにおける現状の問題点】

  • ビジネスフローや、既存システム、データ等は、各社様々にも関わらず、同じCRMパッケージ製品を利用することは、自社ビジネスモデルにマッチせず難しい。
  • ゼロからシステム開発を行うと、高額で、かつ開発期間が長く立ち上げまでに時間がかかる。
  • データが分散されていて、顧客情報と購買履歴情報と紐づいていない、また、初回購入までは把握できても、その後のリピート状況までは詳しく把握できていないため、マーケティング活動の評価が難しく、その後の戦略に活かされない。しかしそれを解決するには、データ分析ツールや専門知識等かなりのリソースがかかるため、顧客に紐づいた情報一元管理ができ、ターゲット、ビジネス課題抽出、活動評価のできる分析機能があるCRMシステムで、CRMを強化していきたい。
CRM導入時の現状と課題解決を第一に考えたCRMstageのソリューションコンセプト

完全パッケージでもない、新規システム構築でもない、
ビジネスモデルに適合する柔軟性

  • 顧客の動きを重視する顧客志向型ビジネスに最適な、顧客データを中心とする顧客軸のデータベース構成で、かつベースをプラットフォームとし、ユーザのビジネスモデルあるいは、ビジネスプロセスの変化に伴うカスタマイズ機能を設けることで、柔軟性のあるシステム形態を実現。

低コスト・スモールスタート、スピーディな立ち上げ

  • CRMシステムは従来、SFA、コールセンター、Web・メールマーケティング等のオペレーショナルCRMを中心にパッケージが提供されており、データ分析をメイン機能にしたアナリティカルCRMは、これまでデータウェアハウス(DWH)の構築など、BI(ビジネスインテリジェンス)分野で開発され、システム導入コストが大きく、大手企業でなければ導入に踏み切れないという問題がありました。
    そこで、CRMstage では、CRM(顧客データ活用)に必要な環境を、CRM専用のDWH/BI製品としてパッケージ化することで、システム導入コストの大幅な低減を実現。これにより、低予算で、短期システム導入/スピーディな立ち上げが可能な形を実現。 また、導入時に膨らむ仕様やコストを、戦略視点によるコンサルティングにより、お客様のビジネスに合わせ必要機能を絞り込み、ROI重視のシステム構成をご提案することで、スモールスタート、必要最小限のコストでのCRMシステム導入が可能。

マーケティング活動を強化する顧客情報一元化、データ統合+分析環境

  • 顧客維持に必要な“顧客の理解”、“顧客データの活用”、これらを最大限にし、より価値のあるデータを見出すため、購買履歴データを始めとした社内にある他システムとの「データ統合機能」と、「CRM分析機能」を標準装備することで、顧客情報の一元化から顧客分析までをトータルに実現。これにより、ユーザは集約された顧客のあらゆる情報から分析し、購買履歴に紐づいた形で、顧客を多角的に知ることができ、マーケティング活動の強化を可能に。
  • 高度な分析ツールと専門知識を持った専任者がいなくても、マーケティング担当者がすぐに実行できるCRM分析環境は、顧客セグメンテーションの設定や、RFM分析定義の設定等、各種分析条件の設定の他、セグメント別自動CSV出力とWeb-API機能を提供することで、顧客セグメントに応じたマーケティング施策を自動的に実行することが可能に。
  • 経営を左右する顧客の動向変化を早くキャッチし、スピーディなマーケティング活動を支援するCRM/BI環境により経営とマーケティングの一体化を実現。

担当者別CRM導入メリット


  • CRMstageのカタログが欲しい、事例が見たい
  • CRMstageのデモを見たい、詳細を知りたい
  • 顧客に提案したい
お問い合わせフォームへ

↑ ページトップ