会社案内

企業理念・代表挨拶

CRMという考え方が日本に入ってきて20年余りが経ちました。当初は、CRMとは、システムの名称なのか?経営戦略なのか?というような議論が常にあり、CRMの実体がつかめないという悩みを持っていた企業が多くありました。しかし現在では、「CRMとは自社で管理する顧客情報(データ)を活用して顧客のリピートオーダーを活性化させるマーケティング戦略の一つ」として、各社のマーケティングの現場で認識が定着したのではないでしょうか。

スマートフォンの進歩、インターネット環境の進歩により、消費者の情報収集力と購買行動は大きく変化しています。すぐに情報を入手し、より良い商品を、より便利な購入場所を求め、購入者は簡単にプロダクトスイッチ、チャネルスイッチをしていきます。以前のように、顧客に対してメールやDMでコンタクトを取るだけでは、顧客の購買意欲を喚起させることは困難になりました。
このような時代に事業成長していくには、CRMをさらに進歩させ、様々な顧客チャネルにおいて、顧客の嗜好性と行動パターンに合わせたタイムリーなマーケティング施策を講じる必要があります。

当社は、長年培った、ITノウハウ、顧客データ分析、マーケティングノウハウを強みに、IT×マーケティングを掛け合わせた多角的視点で、お客様企業と共に、お客様企業が利益を創出できる最適な仕組みを追求してまいります。

advanlinkアドバンリンクの社名は、Advance(前進/躍進)Link(結びつき) が語源です。

当社のCRMソリューションにより、企業と顧客、及び企業内の結びつきを生み出し、企業が躍進していくことを目指し、努力してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

↑ ページトップ