採用情報

先輩社員にインタビュー

先輩社員にインタビュー

■CRMコンサルタント:入社10年目
CRMコンサルタント

■現在担当している仕事の内容

・CRM戦略検討、プランニング
・顧客データ分析
・CRMシステム導入前の業務設計、および要件定義

■入社を決めた理由、入社して感じたこと、仕事のやりがい、目標

元々は分析系システム(BI/DWH)の開発エンジニアでしたが、データ分析の活用分野として、顧客に寄り添うCRMの仕事をしたくて、 より高いレベルでお客様のサポートをすることを目指してCRMコンサルタントを志望しました。
コンサルタントは、最終的にはシステム化を目標にすることが多いですが、マーケティングやコールセンターなどの業務を熟知しないといけません。最初は知らないことが多く苦労しましたが、お客様といろいろ議論し、お客様から信頼されるような仕事ができたときには最高に気分が良いです。
CRMの世界は、Webの技術の革新的な進歩で、日々新しいソリューションが世に出ています。私の仕事も、その新しい技術についていくことは必須ですが、いつか自分自身がCRM業界をリードするような新しいオリジナルソリューションを作り出したいと日夜努力しています。

■入社を希望される方へのメッセージ

CRMは、マーケティング、システム、データ分析といった様々な分野の専門知識が必要です。当社は、それらの専門家達が社内にいて、普通のシステム会社では得られない知識と技術を身に付けることができます。もし、皆さんが"プロフェッショナル"を目指したい!と思うなら、その気持ちを裏切らない会社だと思います。皆さんの入社を心からお待ちしています。

■SE/プロジェクトマネージャー:入社7年目
SE/プロジェクトマネージャー

■現在担当している仕事の内容

・自社CRM製品「CRMstage」導入の際の要件定義、およびプロジェクトマネジメント
・大手SIerのプロジェクトにおける業務系SE(要件定義、上流設計)

■入社を決めた理由、入社して感じたこと、仕事のやりがい、目標

ソフトハウス会社からフリーエンジニアに転身後、偶然当社の案件のマネージメントを請負うことになったのが最初の出会いでした。色々と話しを聞くうちに、ソフトハウスとは違い、自社製品を開発し、かつCRMコンサルティングやデータ分析サービスといったシステム開発以外のビジネスを展開しているところが非常に特徴的だと感じたことが入社の決め手です。
私の仕事は、開発プロジェクトが安定的に遂行できるようプロジェクトチームをマネジメントすることですが、小規模な会社ながら、日本を代表する大手のエンドユーザとの直接取引も多く、刺激や達成感を感じながら仕事をしています。
今後は、プロジェクトマネジメントだけでなく、より大規模な案件にも対応できるよう後輩の育成や、社内の新しい事業の企画にも挑戦していきたいと考えています。

■入社を希望される方へのメッセージ

システムをお客様に導入する仕事は決して楽な仕事ではありませんが、苦労した分は、新しい技術やノウハウを生み出して、自分のスキルとして根付かせ、次はワンランク上の仕事に挑戦させてくれる会社です。プログラマはシステムエンジニアに、システムエンジニアはコンサルタントやプロジェクトマネージャーに、エンジニアとして上昇していきたいと考えている方は、是非一緒に仕事をしていきましょう。

■SE/開発エンジニア:入社8年目
SE/開発エンジニア

■現在担当している仕事の内容

・自社CRM製品「CRMstage」の開発
・クライアント企業のシステム構築プロジェクトにおける開発支援

■入社を決めた理由、入社して感じたこと、仕事のやりがい、目標

転職前にいた会社は社員数数千人の大手のシステム開発会社でした。大きなプロジェクトのメンバーになっても、自分の担当範囲は狭く、また雑用も多かったので、プロジェクトの全体像も自分のポジションも見えず、自分のスキルアップやキャリアアップに不安と不満を抱えながら毎日の業務に忙殺されていました。そんな時、この会社と出会い、小規模でベンチャースピリッツのある会社で自分を試してみたいと思ったのがきっかけで転職を決意しました。
エンドユーザとの直接取引が多い分、お客様との距離が近くプレッシャーがかることも多いですが、私にとってお客様の要望を実現するための方法に悩んだり、ディスカッションする時間はとても有意義で、様々なシステムの開発に携わりながら確実に自分が成長していくのを実感しています。1年後には、3年後にはあれができるようになりたい!と日々の業務の中で目標がでてきます。

■入社を希望される方へのメッセージ

働く場として、大手企業が良いか小規模な企業が良いかは人それぞれだと思いますが、私は、自分をレベルアップさせるには、様々なシステムを経験して場数を踏むのが最も近道だと思っています。当社は、好奇心とチャレンジ精神がある方にとっては、自分を成長させられる会社だと思います。スキルが上がればその分評価もしてもらえます。

↑ ページトップ