セミナー・イベント

マーケティング担当者に必要なデータ分析ベーシックセミナー~顧客を数値化して見えてくるもの~

マーケティング担当者に必要なデータ分析ベーシックセミナー
 ~顧客を数値化して見えてくるもの~

(本セミナーは終了いたしました。)

顧客データに基づき施策を行う企業のマーケティング担当者が求めるものは、施策によって顧客がどのように変化したのか、どのくらい効果に繋がったのか、その分析結果に基づき、顧客に、より自社の製品やサービスを利用してもらうための、マーケティング施策立案の材料や裏付けとなりうるデータです。そのためには、様々な観点から分析する必要があります。しかしながら、マーケティング活動をしていく中で、顧客がどのように変化したのか等を捉えるには、様々なものを数値化するための準備とノウハウが必要となるため、必要性を感じながら実践できていない方も多くいらしゃいます。
本セミナーでは、顧客分析結果から次に繋げるために必要な、マーケティング担当者が明日から使える顧客分析手法を、具体例を交えてご紹介します。

【対象:企業のマーケティング部門、顧客データ活用担当者、CRMに関連するご担当者、顧客分析ご担当者、顧客分析初心者等】

開催概要
開催日時2015年7月15日(水) 16:00~17:30 (受付開始15:45)
会場アドバンリンク株式会社 会議室
東京都品川区東五反田1-10-7 AIOS五反田
(アクセス:「五反田駅」より徒歩5分)
(全館禁煙)
受講料無料
定員20名(定員になり次第、受付を締め切らせていただきます)
主催アドバンリンク株式会社
お申込み終了いたしました
お問い合わせアドバンリンク株式会社 セミナー事務局
Tel: 03-6277-2960
プログラム詳細
1. 顧客を数値化して見えるもの
CRM成果を高めるためには、自社の顧客構造(顧客育成や離反の関係)を把握し、ターゲットを明確にした上で各ターゲットに適したマーケティングアクションが必要である。まずは、顧客構造をどのように数値化し傾向を把握すれば良いのか、具体的な事例を用いて紹介する。
2. 分析結果からヒントを見出すために必要な事前準備とは?
闇雲に顧客データを分析しても、納得のいく示唆を得られることは少ない。何に関心があり、何を明らかにするべきなのか、仮説は必要であるか、顧客分析を行う前に検討をしておくことが必要である。ここでは、顧客分析初心者でもわかる、顧客分析結果を有効化するために必要な事前準備について、具体的な事例を用いて考える。
3. 『10の事例』をもとにした具体的な分析手法とその注意点
顧客行動の分析方法や、マーケティング施策の効果検証など、実務的視点での顧客分析手法を紹介する。
・顧客の購買プロセスを知る
・顧客の購買タイミングを知る
・顧客の商品嗜好性を知る
・マーケティング施策の効果を知る
・マーケティングROIの最適化を図る 他
ここでは、各事例ごとに、どういったシーンでどのような指標に着目すべきかを10の事例を基に考える。
  セミナー終了後に個別相談も承ります。どうぞお気軽にお申し付けください。

↑ ページトップ