CRMコラム

『プライベートDMP』が導くCRMの進化

『プライベートDMP』とは?

自社データに加え、外部データを統合して分析する企業独自のプラットフォーム
DMPとは、インターネットから取得したユーザーデータと、POSなどのインターネット以外から取得した自社データなど、個に紐づく膨大なデータ全てを一元管理して分析する基盤のことで、次の2種類に分けられます。

オープンDMP

広告などの事業会社が提供する、広告関連のアクセスデータやでデモグラフィックデータなどの外部データを使用するプラットフォーム。

プライベートDMP

自社サイトへのWebアクセスデータや、顧客情報、購買履歴など、企業が内部で保有するデータと、外部データを組み合わせて活用するプラットフォーム。
プライベートDMPは、オープンDMPの領域に企業独自のデータを統合する点と、データの格納先が自社にある点に特徴があります。


『プライベートDMP』がCRMの精度をより高める理由

「プライベートDMP」ならより正しいデータに基づいた施策が可能に
これまでのCRMでは、例えば、メールの配信に対するレスポンスといった、顧客の一部分を捉えるデータのみを使用してきました。しかし、"個"が多様化する現況において、顧客一人ひとりのニーズを正確に捉えるためには、 顧客が企業と関わりのないところでどのような行動を行っているかを含めて、顧客の全体像を捉えることが必要です。そこで、「プライベートDMP」によって、企業内のデータと複数の外部データを統合することで、より正しいデータに基づき顧客の全体像を捉えたマーケティング施策を行うことが可能となり、CRMの精度が高まるのです。

プライベートDMPによるCRM施策

『プライベートDMP』によってCRMはどう進化するか?

「プライベートDMP」がCRMにもたらすメリットとは?
プライベートDMPを導入すれば、具体的に次のようなことが可能になります。

●より"個"にフォーカスしたCRMができるようになる

従来のCRMは、顧客の属性やプロフィール、購入履歴しか把握できませんでしたが、プライベートDMPでは、外部データを統合することで顧客の行動面のデータまでカバーできます。そのため、"個"について深い分析が可能となり、より"個"それぞれに対してフォーカスした施策ができるようになります。

●データに基づいた予測ができるため、先読みして提案し、施策が打てる

精度の高いデータをもとに分析ができるため、先を予測したスピーディな施策が可能になります。


『プライベートDMP』にはこのような課題も・・・

「プライベートDMP」は導入がむずかしい?!
「プライベートDMP」はCRMの精度を高めるものとして期待が高まる一方で、導入に関してはいくつかの課題もあるようです。それらは以下のようなものです。

  • 企業それぞれのビジネスモデルに最適なプライベートDMPを導入するには、システム構築のために膨大なコストと時間がかかる。
  • データ分析の専門的な知識がないと、データ分析がうまくできない。
  • 導入したものの作業が難しく使いにくいため、マーケティングに活用しにくい。

→これらの課題を解決するアドバンリンクのプライベートDMPソリューション


■もっと理解したい方のために!最新のCRMセミナー
→CRMセミナー・イベント情報

■CRM戦略から導入プランニングをトータルにサポート!
→CRMサービス

■戦略から顧客獲得を実現するCRMソリューション
→CRMソリューション

 お問い合わせフォームへCRM無料相談会ページへ

↑ ページトップ