CRMコラム

経営戦略を支援するBIの導入(CRMからBIへのステップアップ)

データ共有化による迅速な状況把握

顧客データの利用体制が整備されていなかったり、データ分析を行っていなかったりすると、営業部門で最終的にまとまったデータは、売上実績、売上見込みだけとなりますが、営業部門とマーケティング部門の連携、データ共有、さらにはデータ分析を有効利用していると、売上数値だけでなく、

  • ターゲット顧客層/優良顧客の特定
  • マーケティング施策の有効性
  • セールスリード/売上予測
  • 営業活動分析
  • 顧客ニーズ/嗜好

など、関連付けたレポート作成が可能となり、各部門のパフォーマンスを一目で確認することができると共に、経営戦略や事業戦略立案データとしても有効です。

CRMからBI(ビジネスインテリジェンス)へのステップアップでレポートの自動化

顧客データ(CRMデータ)や売上見込みデータは全社統合されていないことが多く、各部門で管理しているケースがよく見受けられます。この場合、経営層への報告は、常に各部門でレポート作成する必要があるため、レポート作成する部門マネージャーの負荷は軽いものではなく、また各部門からバラバラにレポートをもらう経営層も全体像を把握することが困難です。

<部門毎のレポート提出パターン>

部門毎のレポート報告パターン

商談データ、顧客データ、売上データを各部門できちんとデータベースに入力管理されるようになったら、BI(ビジネスインテリジェンス)の利用をお薦めします。
BIは、散在するシステム内のデータを統合し、データ分析やレポート作成を自動的に行うことのできるアプリケーションです。

<BIによるレポート自動化パターン>

BIによるレポートの自動化

CRM/BIソリューション

BI利用のメリット
  • 部門毎にレポート作成する必要がない(レポートの自動化)
  • 部門毎のデータ集計だけでなく、全社のデータ集計をすることができる
  • 基幹系システムと各部門のデータを組み合わせて、高度な経営データ分析を可能にする
  • 経営層だけでなく、必要に応じて全社でデータ共有ができる

BI導入の際、統合するデータの選択、分析/レポートする項目の検討、今後の拡張性を含めた計画立案等によって、システムの有効性やコストが大きく変動しますので、導入検討段階で、是非当社にご相談ください。


■もっと理解したい方のために!最新のCRMセミナー
→CRMセミナー・イベント情報

■CRM戦略から導入プランニングをトータルにサポート!
→CRMサービス

■戦略から顧客獲得を実現するCRMソリューション
→CRMソリューション

 お問い合わせフォームへCRM無料相談会ページへ

↑ ページトップ